• 2020年1月

    はろこみ手帳部発足

    ワーママはるさんをハブとするオンラインコミュニティ「はろこみ」内に、手帳継続・活用のためのグループ「手帳部」が誕生しました。

    メンバーは、子育てをしながら働くワーキングマザー、ファーザーが中心の約100名。

    毎月手帳を使って目標の振り返りを一緒にしたり、手帳のより良い活用方法を共有したりするのが主な活動です。

    毎日忙しくしていると、目の前のことや他人の価値観に左右されがち。
    でも、毎月手帳で1カ月を振り返ることで、「何もできていないと思っていたけど、実はこんなにできていた」と自己効力感がアップしたり、「自分にはこういう傾向があるんだ」と自己理解が深まったり。

    「手帳っていいよね~。仲間がいるから続けられる!」と話していました。

  • 2020年7月10日

    誕生のきっかけ

    きっかけはワーママはるさんの一言。

    ワーママはるさん

    手帳部の皆さんのノウハウ入れて、来年の手帳作ったら……なんて着想しました

    その一言に手帳部のみんなの「やってみたい!」のコメントが相次ぎました。

  • 2020年7月末

    キックオフミーティング開催

    月末に早速キックオフミーティングを開催し、プロジェクトメンバー編成、スケジュール策定、手帳の中身の作成、印刷会社の選定、販売経路の検討など、あらゆることが一気に進んでいきました。

    手帳が好きといっても、制作メンバーは誰一人手帳を作ったことはありません。それどころか、オンラインコミュニティのため、直接会ったことがないメンバーがほとんど。

    お互いの仕事のスキル・経験も知らないまま、すべてがリモートかつ手探りの手帳制作が始まりました。

    関わったメンバーは総勢34名。
    ディレクション、手帳の中身、デザイン、印刷、販売、宣伝、手帳習慣の継続応援の7チームに分かれ、さらにコアメンバー・サポートメンバーに分かれて制作を進めることになりました。

    プロジェクトマネージャー、デザインや編集、販売、印刷、 FPなど各分野のスキルを持ったメンバー、そして何より全員の「良いものを作りたい」という熱い想いが集まり、チームの力で手帳制作が進んでいきました。

    プロジェクト概要:ターゲット
     自分軸手帳のTrello
    プロジェクト管理ツール「Trello」を使って進行管理
  • 2020年8月

    怒涛の手帳制作

    製作期間は、わずか3カ月。
    すべてが突貫工事で行われました。

    今回の手帳のメインコンテンツとなるのが、自分軸を見つけて育てるためのワーク。

    中身チームがアイデアを出し合いながら試行錯誤し、モニターとブラッシュアップを続けてついに8つのワークを完成させました。また、手帳としての使いやすさにもこだわりました。特に推敲を重ねてたどり着いたウィークリーページは、思い入れのあるオリジナルデザインです。

    初回ということで、部数は500部限定。
    少ない部数、しかも180度パタンと開く糸かがり綴じ製本は譲れない条件だったため、対応してくれる印刷会社を探すのも一苦労……。印刷チームの奮闘により、奇跡的に残った1社に発注できることになりました。

    紙の選定も試行錯誤。
    予算の範囲内で、裏抜けせず、書き心地の良い最高の紙を選ぶために、いろいろなペンで何度も試し書きをして決定しました。

    試し書き
    いろんなペンで書き心地や裏抜けをチェック
  • 2020年9月下旬

    ある疑惑が浮上

    何とか入稿までこぎつけたものの、こだわりの1つである「180度パタンと開く」が実現できないかも? という疑惑が浮上。

    もともとは1枚の紙が本体を包み、表紙、背表紙、裏表紙なる形でも十分開くということでした。しかし、強度を保つために表紙の厚さを少し厚くしたため、180度開きっぱなしにするには手でギュッと押さえないと難しい。そしてそれを繰り返すと背表紙が傷むかも……と印刷会社から話がありました。

    どのページも180度パタンと開く手帳を目指していたのに、印刷会社は「180度近く開きやすくなっていれば良い」との認識だったようです。わたしたちの熱い想いが伝わりきっていなかった……。

    製本へのこだわり
    「包む処理」と「テープ処理」の違い

    やはり1枚の紙で包む方法では「180度開く」が実現しないことがわかり、急きょテープ式の製本に変更することに。ただの紙テープだと見栄えが悪いので、ファイバーテープで背表紙を処理してもらうようお願いすることにしました。

    1週間納期は遅れるものの、対応してくれるとのことでほっと一息。

    夢に見た180度開き製本
    「180度パタンと開く」が何とか実現しそう……!
  • 色校出校、色が違う!?

    制作工程も最終段階。
    実際の印刷機と用紙で印刷された試し刷り(色校)が届きました。

    届いた色校を見てびっくり!
    想定していたインク色と、だいぶ異なる印象で印刷されてきたのです。

    印刷会社曰く「家庭用プリンターと異なり、指定した色が印刷されても、時間が経つとどうしても違う色になってしまう」とのこと。

    そこで、指定したインクと印刷されてきたインクの色から、他のインクだとどういう色で印刷されるかを研究し、数パターンの想定を作成。再度理想の色に向けて色校を出し直しました。

    何度もやった色校
    理想の「自分軸色」を追い求めて……

    結果、2回目の色校でついに思い通りの色が……!
    冷や汗をかいたぶん、喜びもひとしおでした。

  • 2020年10月1日

    自分軸手帳発売日

    自分軸手帳の発売日。
    実は、まだ手帳として刷り上がっていない中での発売でした。

    お昼の12時に発売開始。
    プロジェクトの開始から毎週定期ミーティングを行っていましたが、発売日には参加できる全員がミーティングに参加し、ドキドキしながらそのときを迎えました。

    すると、何ということでしょう!
    わずか10分ほどで、予定していた500部が完売してしまったのです!

    慌てて印刷所に確認を取ったところ、1,000部までは対応してくださるとのこと。急きょ部数を増やし、1,000部まで販売することに。

    追加分も含めて発売から6時間で完売という素晴らしい結果となりました。

    やっと届いた自分軸手帳2021
    制作は短期間ながらも最高の仕上がりに!

自分軸手帳の製作秘話は、こちらもご覧ください。

自分軸手帳制作メンバー

自分軸手帳の仕様を決めたり、印刷会社とやりとりしたり、デザインしたり、編集したり、販売計画を立てたり。
自分軸手帳の制作に携わっているメンバーをご紹介します!

ようこ@自分軸手帳部

ようこ@自分軸手帳部

手帳を通じて、「自分らしく楽しく生きる」人を応援するために、手帳部を主宰。「自分ひとりでがんばらない」を合言葉に、仲間の力で手帳が続く場を提供しています。

京野 誠

京野 誠

大手外資系IT企業エンジニア。自分軸手帳制作のプロジェクトマネジメント、手帳部相談役を務めています。自分軸手帳公式Instagramで自身の手帳を公開、手帳活用術について発信をしています。

くみ

くみ

デザイナー歴約18年、手帳歴2年未満。手帳ビギナーですが、運営メンバーの方々からアイデアやアドバイスをいただきながら、使いやすく続けられる手帳をデザインしています。

りぃ

りぃ

毎年使う手帳が異なっていた手帳迷子。皆さんに愛され、かつ自分自身も使い続けたい手帳になるように……手帳の仕様・制作に携わらせていただいています。

さぼってん

さぼってん

自分軸手帳のコンセプト、使い方をわかりやすく理解していただけるよう、編集面でお手伝いさせていただいています。

ワーママはるさん

ワーママはる

自分軸手帳が生まれたオンラインコミュニティ、はろこみのハブ的存在であり、自分軸手帳のスペシャルアドバイザー。第2の職業人生模索+サバティカルタイム中。著書『やめる時間術』(実業之日本社)、『ライフシフト習慣術』(フォレスト出版)発売中。

自分軸手帳2021プロジェクトメンバー紹介

[note]自分軸手帳プロジェクト・メンバーご紹介

TOP